2009年01月27日

自己批判したくなった時に、自分自身に問いかけたい6つの質問

自分の過去の失敗や問題を思い出して、落ち込んでしまう時ってありませんか。私自身はとくに打たれ弱いので、こういったことでウジウジとしてしまうことがよくあります。最近もあるメールをきっかけにいやな思いでがフラッシュバックしてきました。自分の不誠実な行動が招いた結果だったので、しょうがないと言えば、しょうがないのですが。こうしたいやな思い出に引きずられて、他の仕事が手につかなくなってしまうのは避けたいところ。こうしたとき、私は手帳にメモした6つの質問を思い出すようにしています。今回はそれをご紹介します。


  1. このミスは本当に自分が思っているほど重大だろうか?また、この失敗によりどんな影響があるだろうか?

  2. ネガティブなことだけに注意をむけていないだろうか?ここから引き出せるポジティブなことは何だろう?

  3. 自分自身に無理な期待をかけていないか?

  4. へまをした自分のことを愚かだと思っているが、本当に愚か者なのだろうか?

  5. なぜミスをしたことを思い悩むのか?他人が自分のことをどう思うかが怖いからだろうか?

  6. 他人がどう思うかについて、早合点していないだろうか?またたとえ悪く思われても、本当に気にすることだろうか?


これを読み返して、いつもハッとします。また、自分はゆがんだ認識をしているのではないかと気づかせてくれるのです。批判というものは、いつだって他の人が勝手にやってくます。批判は人に任せて、自分くらい自分で価値を認めてあげてもいいのではないでしょうか。


元ネタはこちら
100のノウハウよりただ一つの自信 ゆるぎない「自分」をつくる77の心理技術 (Nanaブックス)
100のノウハウよりただ一つの自信 ゆるぎない「自分」をつくる77の心理技術 (Nanaブックス)黒川敬子

おすすめ平均
stars自信という言葉に関心がない人こそ読んだほうがいいかも。
stars自信がある風に見えると徳ですよね
stars肝心なのは「自信」ですよねっ!
starsコーピングの次は「自信」!?
starsぶっといのがやっぱりいいと思います!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








posted by tadaken3 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経験を次に活かす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113247488

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。