2007年12月29日

経験を経験で終わらせない!「今年」を保存する技術

昨日は「捨てる」技術だったので、今日は「保存する」技術をご紹介したいと思います。
Life hacking.jpの「今年を永遠に保存する! 2007年をアーカイブする7つのタスク」というエントリーが元ネタです。この7つのタスクを簡単にまとめると下記の通りです。

  @タイムラインを作成しておく
 A今年の成功をリストアップしておく
 B今年の失敗をリストアップしておく
 C写真のアーカイブと、トップ100を選んでアルバム化
 D新しい出会いを振り返る
 E今年読んだ本、見た映画、ドラマなどを振り返る
 F今年は自分にとってどんな一年だった?と一言で表す

今年の出来事を永久に保存しておけば、来年といわず十数年先にも役にたつという教えです。エントリーより一文を引用しますと「こうした長期記憶こそが、長期的な成長の背骨になっていることも多いわけですので、単なる記録魔とあなどることはできません。」ということです。

とくにAとBの成功と失敗リストはだけはどんなに忙しくとも、過去一年間のスケジュールを振り返って作っておくことをオススメします。このリストを作っておくだけ自身の体験を、今後の糧にできるようになれるはずです。

成功体験をリストアップしておけば、自分の勝ちパターンを分析するのに役立ちます。失敗の原因を分析して次に活かそうという人は多いですが、成功した要因を分析する人は案外少ないのではないでしょうか。苦労して成功させたことはそのとき喜んで終わりにしないで、せっかくなので再現性を持たせてやりましょう。またこの成功リストは単純に作っていて楽しくなります。「今年、一年も何もできなかったな〜」と思う前にどんな小さなことでもいいので成功リストを書き出してみましょう。案外、成功体験って多いものですよ。

もちろん勝ちパターンにばかりこだわっていては世の中の変化についていけなくなるので、失敗も戒めとして残しておきましょう。失敗自体は挑戦の証なのでそれほど問題ないのですが、同じ失敗を繰り替えなさいためにも失敗リストははずせません。失敗にこそ成長の余白があるとよく言われますし。

最後にパウル・R・ウィゼンフィールドという人の言葉を紹介しておきます。
「あの男は17年の経験があるのか、1年の経験を17回繰り返しただけなのか。」

今年一年どんな体験があったにせよ
その経験を将来のために保存して将来のために活かしていきましょう。

posted by tadaken3 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経験を次に活かす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75375017

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。