2008年02月07日

ウェブで知識を得るための心構え

ちょっとたてこんでるので、今日は抜き書きだけで。もうちょっと生産性をあげなないと・・・
最近、やたらと池田信夫 blogが荒れているのを見て、思い出した。


生命保険 立ち上げ日誌:【読書感想文】 ウェブ時代をゆく(梅田望夫氏)
いつからか、私はエントリーのテーマを選ぶ際に、読者の物議をかもさないような、差しさわりがないものを選ぶようになっていた。それは「当該テーマについては自分が他の人よりも詳しい」と考えるものか、きわめて個人的・日常的な話題に限られていた。「自分がその話題を語る資格があるか否か」を考えるあまり、自分が本当に疑問を持っているテーマをあえて取りあげ、ネットを通じてより知識を深めるといった態度は、ほとんど取っていなかった。

池田先生の意見はともかく、その姿勢はぜひ見習わないといけないな〜。インターネットはお互いの情報発信のコストが0に近いのが特徴。だったら活発に意見交換しなければ意味がない。わかってることを書くだけじゃなくて、わからないことも恐れずに書いていこう。

【関連エントリー】
ブログを書き続けるための3つのコツ
ブログは「知的生産の道具」である!‐ウェブ進化論 
ネットでの情報収集が劇的にうまくなる‐書評‐3時間で「専門家」になる私の方法
変化の時代をどう生きるのか?‐書評‐ウェブ時代をゆく
RSS初心者が登録しておくべき、仕事に役立つ10のブログ‐まとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。