2008年01月23日

何のために本を読んでいるんですか?

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる:本ばかり読んでるとバカになる
 読んだことによって何かが変わっていなければ、何の意味もない(「時間が経った」はナシね)。もっとズバリ言うと、読んだことによって自分が変わっていなければ、その本は読まなくてもよかった、ってこと。そいつを自分の目で見て理解するために、アウトプットはどうしても必要。どう変化したのか見えないのなら、変化していないのと一緒。「記憶の片隅」や「血肉になって」とヌルいことは教頭先生あたりでよろしい。
自分への戒めを込めて、エントリー。日々の読書を習慣にしていると、どうしても読書自体が目的になってしまいませんか。とくに勉強熱心なビジネスパーソンほどその傾向が強いように思います。

ベストセラーになったあの本も読まなきゃ!!
あの書評blogで紹介されてから読もう!!
とりあえず買っておけばいいかと、どんどん積読してしまう。
積まれている多くの本に急かされて、とりあえず紙面だけを追って読んだ気になる。

まさに手段の目的化。ぼくの場合、高い生産性を身に付けるための読書であったはずが、その目的だけ抜け落ちて読書のための読書になってしまうことがよくあります。これはインターネットの情報についてもそう。こんな大事なことに改めて気づかされました。弾さんありがとう!!

404 Blog Not Found:書評blogの本当の売り物
あなたの役割は、それを読んだことによってあなたに何がおきたかを紹介することなのです。
読書体験と言っても難しいことではなく、要するに自分にとって
1.なにが良かったのか?(悪かったのか?)
2.なぜ、良かったか?(悪かったか?)
3.その本を読んで自分の何が変化したか?
をまとめる作業だと思います。これができてはじめて読書をした意味がでてくる。まとめる苦労を味わうことで、形式知から経験知への変換がおきるのです。

本の読み方 スロー・リーディングの実践 :P.35
「オレは何百冊も読んだ!」と言っても「で?」と笑われるのがオチだ。しかし、「オレはあの本のあの一章節に感動した!」というのは単純にカッコイイし、その人間性について多くを伝えてくれるだろう。
ぼくもカッコイイと言われる読書を心がけていきたい。そのためにも自分自身に言い聞かせよう。何のために本を読んでいるんですか?

【関連エントリー】
考え抜いたあとは、余計なことを考えるな‐書評‐答えが見つかるまで考え抜く技術
50冊レビュー 7冊目:「本の読み方」
経験を経験で終わらせない!「今年」を保存する技術
「桃太郎」すら問題解決のテキストにするフィンランド式教育の徹底力
【知的生産技術の教科書】効率が10倍アップする新・知的生産術 50冊レビュー 10冊目
この記事へのコメント
就活頑張ってる?
おれも電車で文学ばっか読んでる。。
茂木さんの脳の中の人生も読んだで。
またタテコンで!!
Posted by ぷみや at 2008年01月24日 19:46
コメントサンクス!!
頑張ってるよ〜!!
茂木さんもいいね。昨日のイチローとのトークも熱かった。
ほならタテコンで〜。
Posted by tadaken3 at 2008年01月24日 22:19
こんばんわ!舟です。
実は僕も大学生で(ただ4年ですけど)この春から社会人です。
tadaken3さんの記事はいつ見ても新鮮で自分のためになります。
今回のなんのために本を読むかなども非常に参考になりました。
特にアウトプットの重要性を再認識しました。

ところで本文に
>>形式知から経験知への変換がおきるのです
と書かれているのですが、経験知から形式知ではないでしょうか?
僕の考えとしては自分の中で言語化できない知識をブログなどに書くことで形式知として変換することができるのではないかと考えます。
Posted by 舟 at 2008年02月14日 21:57
舟さん
こんばんわ!!

実は同じ大学生だっんですか?驚きです。コメントありがとうございます。

>>形式知から経験知への変換がおきるのです
と書かれているのですが、経験知から形式知ではないでしょうか?
僕の考えとしては自分の中で言語化できない知識をブログなどに書くことで形式知として変換することができるのではないかと考えます。

ぼくの中では、自分の経験をブログに書く場合、それは(ぼくの)経験知を形式知に変換する作業と捉えています。

読書の場合は著者が自らの経験を本という形でまとめた形式知を吸収するための作業と捉えています。そしてその形式知を読むだけでなく自らまとめることによってより深く自分のものにしようという意味で、経験知という言葉を使いました。

ちょっとわかりにくいですね(汗
ご指摘ありがとうございます。
Posted by tadaken3 at 2008年02月15日 19:53
回答ありがとうございます!

形式知から経験知への変換は自分の視点から(つまりアウトプットする)みれば納得です。
逆にブログの読者から(つまりインプットする)みれば経験知を形式知として吸収できるのかもしれませんね。

いや〜また勉強になりました^^
Posted by 舟 at 2008年02月15日 23:43
舟さん
いつもコメントありがとうございます。

読者の方からの視点で見ると、確かに経験知から形式知ですね!!

こちらこそあらたな気づきを得ることができました。ありがとうございます^^
Posted by tadaken3 at 2008年02月16日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。