2008年02月03日

アバウトミーで始める「新しい体験」との出会い

ブログを始めてからアバウトミーというプロフィールサービスを使っています。左サイドバーに貼ってあるオレンジ色のブログパーツです。


これです。abaut meと書いてあるところクリックするとアバウトミーのサイトへ飛びます。

どんなサービスかというと、ITmedeiaが一行でまとめてくれています。「自己紹介+RSSリーダー+Twitter」という表題。このアバウトミーを使って自分の興味の幅を広げる方法を考えてみました。

■アバウトミーで情報通に?

このアバウトミーの特徴としてアンケート機能というのがあります。「好きな朝ご飯は?」「毎日欠かせない飲み物は?」などといった質問に答えて、自分のプロフィールを充実させようというもの。質問に答えていくだけでも、おもしろいのですが、質問を作れるというのがこの機能の良いところ。質問はログインしたときにランダムで表示されていくので、回答がかなり集まります。

この機能を使ってちょっとした情報収集ができます。例えば「おもしろかった映画を教えて」とか「仕事に役立つオススメの一冊教えてください!」といった質問を作れば、様々な人のおもしろかった映画や役に立つ本を知ることができます。他人のオススメを聞くことで、今まで知らなかった「何かおもしろいもの」に出会う確立はぐんとあがります。

■オススメの質問は「人生の中でベスト3の○○を教えて」

この質問機能を活用する上で、オススメしたいのが、「人生の中でベスト3の○○」を聞くこと。人生の中のベスト3というとこがミソです。なにしろ、その人が人生で最高だと思ったシロモノがそうそうハズれるとは思えません。

質問に人生の中でベスト3ということで、それなりのおもしろさを担保しようとしているのです。もちろんたまに全く理解不能なものに出会ったりもします。しかし、それはそれで貴重な経験ではないでしょうか。

もし、その作品も見て共感できたら、その感動を紹介してくれ人にコメントすることもできます、逆にわからなかったら、紹介してくれて人に解説を頼んでみてもおもしろいかもしれません。そういったゆるーいつながりがミニSNSの特徴ではないでしょうか。

ちょっとしたことが、「新しい体験」の第一歩だったりします。オリコンのヒットチャートよりも、おもしろいものが見つかるかもしれませんよ。

【関連エントリー】
ネットでの情報収集が劇的にうまくなる‐書評‐3時間で「専門家」になる私の方法
RSS初心者が登録しておくべき、仕事に役立つ10のブログ‐まとめ
ブログは「知的生産の道具」である!‐ウェブ進化論 
変化の時代をどう生きるのか?‐書評‐ウェブ時代をゆく
50冊レビュー 4冊目:「インターネット的」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。