2008年02月12日

人間の価値は「器の大きさ」なのか?

本日は少し時間が空いたので、プチ掃除をしました。本棚と書類棚の整理と机のぞうきんで吹いただけですけど。本は20冊ほど、種類も50部程度残してばっさり捨てることにしました。あらためて見返してみると、そのほとんどが不必要なものであることに気づきます。ちょっともったいない気もしますが思い切って捨てることで、そこに新たな余裕がうまれ、その余裕にまた新しいものが入ってくるという循環が生まれる気がします。この循環なにも掃除だけじゃなくて、人生全てにおいて重要なんじゃないかと最近思っています。それに関しておもしろいエントリーがあるので、ご紹介。

IDEA*IDEA:僕がブログを書く理由
この前、呑み会で友達がかっこいいこと言っていたのでエントリー。なぜブログをしているんですか、と聞かれたときの彼の答え。

「書いた分だけ自分がからっぽになれるじゃないですか。からっぽになればまた吸収しようと思いますしね。」

なんかかっこよかったので。それだけですが。
ぼく自身もブログを書くようになってからインプットの質が格段に上がりました。アウトプットすることによって定着力があがったか、以前より少し階段を早く登れるようになったイメージです。すべてのインプットはアウトプットのためにあると言われる所以はここにあるのかなと思っています。

昔からこの国では、人間の価値を「器の大きさ」ではかります。たとえ器が大きくてもすでに中身がいっぱいだど、それ以上受け入れることはできません。どんわ大きな器でもほうっておけばすぐにいっぱいになってしまいます。器を大きくするのは難しいですが、今あるものを吐き出すことは誰にでもできます。余裕があれば、また何か入れることができる。つねに余裕をもてる人間になりたいと心から思います。

【関連エントリー】
自由を勝ち取るための独立宣言書-書評-なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?
「ゆとり」を積みたてイザに備える
いらないものを来年にまで持ち越さない!!どうしても捨てられないものを捨てる技術
50冊レビュー 6冊目:『自分の小さな「箱」から脱出する方法』
PoICで始める知的生産
この記事へのコメント
こんばんわ!舟です。

人間の価値は器で決まるのか?
人間の価値まで器で決まるかは分からないですが器は大きければ大きいほど良いと考えてました。
しかしよく考えると器だけ大きくしても許容範囲が大きくなるだけで本質的なことに関しては変わらないのですね。
まさに目から鱗でした(笑)

人間の脳は100%発揮することができれば、人生すべてのことに対してすべてを覚えることができるのか僕は分かりません。
脳をより発展させることや、記憶容量を増やすことも大事ですがインプットの整理によってメモリの確保も大事ですね。
Posted by 舟 at 2008年02月13日 01:43
舟様
こんばんは。またもやコメントありがとうございます!

何事もためこまい。これって簡単にできるけど、とても効果が大きいのかな、と思っています。外に出すことで、それが他人の役に立つこともありますし。

舟様がブログでの、感想を形にしてくれるおかげで自分も励まされました!!
ありがとうございます。

Posted by tadaken3 at 2008年02月13日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。