2008年02月13日

視点の鋭いブログを書くにはどうすべきなのか?

今、BLOG15.NETという学生ブロガーがちょっとした人気になっています。人気になったのはあるエントリが注目を集めたから。その記事は「ブログはこれからおもしろくなるのかな?」というタイトル。内容を一言で表すとブログ格差論について。同じ内容を書いても有名ブロガーだと、注目を集めそれが人気ランキングを押し上げ、また注目を集めるという好循環に入っていき、アクセス数の格差が広がっていくという内容。

BLOG15.NET:ブログはこれからおもしろくなるのかな?
ホッテントリというのは、はてな語のことで、要するに人気エントリということだ。現在、ブログで人気エントリになるのは有名ブロガーのばかりだ。たとえ同じ内容のエントリを書いたとしても、知名度によって人気エントリになるかどうか大きく変わってくる。これが大多数のブロガーのモチベーション低下につながるのではないかなと、少し思うのだ。
このエントリが有名ブログである404 Blog Not Foundに言及され、注目を集めることになったのです。dankogai氏が、「ブログはこれからおもしろくなるのかな?」に言及したのは、そのエントリが言及するに相応しい内容の考察だったからだと思います。

dankogai氏自身、知的生産といえど、仕入れ→加工→回収という工程だけはこれ以上簡略化することはできないと言っていました。ぼく自身もブログを書いていてアイデアっていうのは、0から生まれるものではないと体で感じるようになりました。(回収についての理解はまだまだですし、加工の技術も・・・ですが)ブログを書くのにはとりあえず、ネタ。それも最初のたった一行さえ書ければいい。そのきっかけをたよりにどんどんと雪だるまのように文章を転がしていけばいいというのに気づいたから。

■視点の鋭いブログを書くにはどうすればいいのか?

では、なぜ学生であるid:BLOG15さんがdankogai氏に注目されるようなエントリが書けたのか?その答えは、BLOG15.NETの中にありました。

BLOG15.NET:やっぱりブログは就活には役立たないかも

ブログを更新することが目的になっているのは本末転倒である、というような論を他の人のブログで読むことがあるけど、私はそうは思わない。今の私はネタ切れになることを恐れて、そうならないように日々色々な発見をするように努めている。だからブログの更新が目的になっていると言えるけども、それを続けることによって自分が成長できるのならば、それでもいいと思っている。むしろ今はのんびり生きることよりも、自分が少しでもスゴくなることを優先した方がいいと思う。
日々、ブログネタを探すことで視点の鋭さが研ぎ澄まされていったこと。日々ブログを書くことで文章が洗練されていたこと。つまり、毎日ブログを書くことで少しずつ階段を上がっていけたからではないでしょうか。いきなり120満点の記事を書くことは難しいかもしれません。ですが、毎日書くことで点数は徐々に上がっていくのです。最初は60点だったものが、65点になり、70点、80点と書いていくうちに、内容に深みが増していったのだと思います。

イチローの言葉にこんなものがあります。2004年の10月1日メジャーのシーズン最多記録である257安打を84年ぶりを塗り替えたときにせりふです。

いま小さなことを多く重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道なんだなというふうに感じていますし、激アツでしたね。今日は。
毎日、続けることは簡単なようで、案外難しい。続けることでいつか連続安打が打てることを願って、このブログも頑張って更新し続けたいと思います。


【関連エントリー】
ウェブで知識を得るための心構え
思わず書ける-書評-800字を書く力
50冊レビュー 8冊目:「イチロー式集中力」
ブログは「知的生産の道具」である!‐ウェブ進化論
ブログを書き続けるための3つのコツ
この記事へのコメント
言及して頂きありがとうございます。
私もこのブログをRSSリーダーに登録しました。お互い頑張りましょう
Posted by id:BLOG15 YOSHI at 2008年02月14日 04:13
>YOSHIさん
コメント&RSS登録ありがとうございます。お互い良いエントリーを書けるよう頑張りましょう!!


Posted by tadaken3 at 2008年02月14日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。