2008年02月18日

マーケティング、生産性、マネージメント、イノベーションとは、ようは、金と時間の使い方だ

最近、分裂勘違い君劇場のエントリーを見て、ブログ文章術を勉強しています。実名があかされておらず、文章力だけで有名になったブログです。その中でとても勉強になる文章があったので、ご紹介。忘れないようにメモ的な意味でエントリー。

分裂勘違い劇場:魔女狩りをする浦島太郎
ビジネスの正否は、(1)人が欲しがるモノで、(2)しかもまだあまり供給されていないものを、(3)低コストで提供したかどうかで決まるのだ。要は、需給バランスと生産コストの見極めがキモだ。マーケティング、生産性、マネージメント、イノベーション、だ。耳タコだ。
すなわち、「新しい時代のリテラシー」である、マーケティング、生産性、マネージメント、イノベーションとは、ようは、金と時間の使い方だということだ。そのリテラシーを持たないヤツは、そのリテラシーが必要だということすらわからない。
ぼくの好きな言葉に「努力すれば必ず成功するとは限らない。だが、成功した人は必ず努力をした」というのがあります。これって単に根性論の話ではないと思っています。同じぐらい努力した人がいるのに片や成功して、方や失敗する。(成功の定義があいまいですが、ある目標を達成できるかと思ってください。)この違いはどこからくるのかというと、努力の仕方の違いではないでしょうか?懸命に努力しているのか、賢明に努力しているかどうかということです。

分裂勘違い君劇場は、結局は金と時間をどう使うかだと言っています。いかに少ないコストで大きな労力を得るか、これを常に考えておくことが人生を楽しく生きるコツではないでしょうか。

分裂勘違い君劇場:現代という時代は、どのようなプログラミングを求めているのか?
経営の本質は意思決定であり、意思決定の本質は、不確定性なのです。
言うは易し、行うは難し。自分も何にお金と時間を割けばいいのか、意思決定の感覚を磨いて生きたいと思います。

【関連エントリー】
自由を勝ち取るための独立宣言書-書評-なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?
【知的生産技術の教科書】効率が10倍アップする新・知的生産術 50冊レビュー 10冊目
「ゆとり」を積みたてイザに備える
世界征服にうまみはない?-書評-「世界征服」は可能か?
【冒険を楽しくクリアするヒント万歳】仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 50冊レビュー 11冊目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84719639

この記事へのトラックバック

[雑記] この言葉が象徴する未来
Excerpt: 努力すれば必ず成功するとは限らない。だが、成功した人は必ず努力をした マーケティング、生産性、マネージメント、イノベーションとは、ようは、金と時間の使い方だ : Lifestyle Designer..
Weblog: .logs
Tracked: 2008-02-19 22:38

時間生産性向上余地を発見するための切り口
Excerpt: 時間生産性向上するために、無駄な時間を減らす方法を考える上で どのような切り口がありそうかをまとめてみます。 大きくステップを考えると以下のような手順が考えられるのではないでしょうか。 step1:不..
Weblog: 事業革新パートナーズ ブログ
Tracked: 2010-03-09 00:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。