2008年01月30日

企画を量産する「型」を学ぶ-書評-斎藤孝の企画塾

良いアイデアを生む。それ自体も大変ですが、アイデアを計画し実行段階に落とし込むことも想像以上に大変です。本日は、アイデアを企画に落とし込むために役立つ一冊をご紹介します。

この本では、まず最初にデザインシートというものがでてきます。いわゆる企画の「型」という奴です。これも一種のリストですね。デザインシートの項目は下の7つ。

続きを読む

2008年01月26日

アイデアが生まれでる牧場の話‐書評‐嶋浩一郎のアイデアのつくり方

2220939754_37506a4986_m.jpg
本書はかなり良書なので本当は隠しておきたいのですが・・・・・・
ここだけの秘密ということでお願いします。

著者は博報堂ケルトのCEOである嶋浩一郎氏。「スカパー!がやらなきゃ誰がやる?」のキャンペーンなどを生み出した人です。本書では、そんな気鋭のクリエイターのアイデア発想法がおしげもなく公開されています。

■アイデアはカオスから生まれる

そのメソッドは驚くほどシンプルです。情報を集めて、時系列に並べていくだけ。集める情報も「ゴリラの血液型はみんなB型」や「車のナンバーに『へ』という字は使わない」などのトリビアや史実など一見どうでもいいような情報ばかりです。これらの情報を分類分けなどせず、ただ順番に一冊の手帳に書き込んでいきます。そんな単純なメソッドでアイデアが生まれてくるのと疑問に思うかもしれません。しかし、この手帳が、次から次へとアイデアを生みだす放牧場になるのです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。